検索

投稿日:2024.02.13

文部科学省「2023年度私立大学改革総合支援事業」(タイプ1、タイプ3)に選定されました

本学は、文部科学省が実施する「令和5年度私立大学改革総合支援事業」において、タイプ1「Socity5.0」の実現等に向けた特色有る教育の展開」、タイプ3「地域社会の発展への貢献」(地域連携型)、(プラットフォーム型)」の3つに選定されました。なお、東北地方の私立大学・短期大学で3項目で選定されたのは本学を含めて2校のみです。

本事業は、「Society5.0」の実現に向けた未来を支える人材を育む特色ある教育研究の推進や高度研究を実現する体制・環境の構築、地域社会への貢献、社会課題を解決する研究開発・社会実装の推進など、自らの特色・強みや役割の明確化・伸長に向けた改革に全学的・組織的に取り組む大学等を重点的に支援するものです。

本学が選定された2つの事業タイプ

タイプ1 「Socity5.0」の実現等に向けた特色有る教育の展開

  • 「Socity5.0」時代に求められる力を養う、惣郷地を育む文理横断的な教育プログラムの実施、リベラルアーツ教育の推進等、未来を支える人材育成のための教育機能の強化を促進
  • 入学者選抜の充実強化、高等学校教育との連携強化など、高大接続への取り組みを支援

タイプ3 地域社会の発展への貢献

地域連携型

  • 地域と連携した教育課程の編成や社会人の受け入れ、地域の課題解決にむけた研究の推進など、地域の経済・社会、産業、文化等の発展に寄与する取り組みを支援

プラットフォーム型

  • 大学間、自治体・産業界等との連携を進めるためのプラットフォーム形成を通じた、地域と大学双方の発展に向けた取り組みを支援

 

  • 本学が参画する「青森市産官学連携プラットフォーム」の取り組みがタイプ3の「プラットフォーム型」として申請し、選定されました。青森市産官学連携プラットフォームは青森市に所在する6つの高等教育機関と、青森市、青森商工会議所が青森市の発展を目的とした地域課題の解決に取り組むために形成したものです。

参考リンク


Instagram

ページ上部に戻る