教員紹介 山田 晧子

教授 山田 晧子Kouko Yamada
専門領域・研究テーマ
老年看護学、成人看護学、終末期看護
ひとり暮らし高齢者の生きがい研究。認知症の高齢者とその家族への支援。認知症者への癒しとタッチケアでのかかわり、死への準備教育、補完代替療法の研究
略歴
博士(医学)山形大学、埼玉大学大学院経済科学研究科修了、青山学院大学卒業
国立がんセンター他で看護師、東京都立(新宿・松沢)専門学校専任教員、山形大学医学部助教授、埼玉県立大学保健医療学部教授、山形県立保健医療大学保健医療学研究科教授・保健医療学部看護学科長・教授、明治国際医療大学学部長・教授、青森中央学院大学教授 現在に至る
研究業績
日本看護研究学会Vol.32.No3 2009Investigating from a gender perspective the establishment of QOL in elderly people living alone following the end of terminal care due to the death of their spouse、International Conference of Community Health Nursing Research Adelaide Convention Centre、2009
配偶者と死別した独居男性高齢者の悲嘆と生活の再構築、第68回日本公衆衛生学会総会学術集会2010
自立した一人暮らし高齢者の生きがいを支えているもの. 北村雄児,青田正子,山田晧子:日本看護研
究学会誌,Vol.35,No3,359.2013これからの看護・看護に生かす補完代替療法―循環型教育への挑戦.
山田晧子,田口豊恵,夏山洋子,中森美季,永島すえみ:日本看護研究学会誌,Vol.35,No3,89-90,2013
(第38回日本看護研究学会,交流集会)
日本看護科学雑誌、日本老年看護学会誌、日本看護研究学会誌、日本在宅ケア学会誌、日本老年社会学会誌、日本公衆衛生学会誌、北日本看護学会誌
所属学会
日本看護科学学会、日本老年看護学会、日本老年社会科学会、日本公衆衛生学会、日本看護研究学会、日本看護学教育学会、日本在宅ケア学会、北日本看護学会
社会活動
日本公衆衛生学会認定公衆衛生専門家、タクティールケアⅠJSCI認定者
主な担当科目
老年看護学概論、老年看護学援助論Ⅰ、探求の基礎、認知症高齢者ケア論、チーム医療論

戻 る