アドミッション・ポリシー

アドミッション・ポリシー

入学者受入方針(アドミッション・ポリシー)

青森中央学院大学経営法学部は、豊かな人間性に立ち、よりよき人生を創造するとともに、社会的正義に立って社会の発展に貢献する、進取性に富み良識ある職業人を養成します。
『進取性に富み良識ある職業人』とはすなわち『法律的な知識・思考と経営的なセンス・スキルをあわせもった人物』であり、こうした人こそが、複雑多岐にわたる問題を的確にとらえ、背景や原因を分析し、創造的に解決することができる人材を養成することを目的としています。

その実現のために、入学者受入方針として、以下を掲げます。

  1. 経営学や法学の専門知識を活かし、地域社会、国際社会のなかで活躍しようという意欲をもつ人
  2. 人間性が豊かで、責任感のある人
  3. 旺盛な知的好奇心をもち、自ら積極的に学習や研究に取り組む意欲をもつ人
  4. 学問のみならずサークルやボランティア活動で独自の優れた個性を発揮する意欲をもつ人

入学者選抜方法の基本方針

本学部の教育理念・目標に合致する学生を選抜するために、さまざまな評価の観点から多様な入学者選抜を実施し、志願者の能力や資質を総合的に評価し、判定します。

推薦入学試験

個別面接の結果及び志望理由書等提出書類を総合的に審査して選考します。
個別面接では、学力試験では測れない側面(志望動機、入学後の学習意欲、教育理念への適合性など)に重点を置き、評価します。

スポーツ特別選抜入学試験

個別面接の結果及び志望理由書等提出書類を総合的に審査して選考します。
個別面接では、学問のみならず部活動やボランティア活動において、積極的に個性を発揮する意欲、能力を総合的に評価します。

一般入学試験

大学入学後、講義等を通して、広い知見を養成でき得る基礎学力の有無を判断するために、学力試験を行います。主要科目の『国語(近代以降の文章)』『英語』「数学Ⅰ」『数学Ⅰ・数学A』と、経営法学部に深く関係する「政治・経済」「簿記」の6科目から1科目を選択し、試験結果と調査書等提出書類を総合的に審査して選考します。

大学入試センター試験利用入学試験

大学入試センター試験の結果を用いて、基礎学力を判断します。
本学が指定する6教科16科目(『国語(近代以降の文章)』「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」「現代社会」「倫理」「政治・経済」『倫理、政治・経済』「数学Ⅰ」『数学Ⅰ・数学A』『簿記・会計』『情報関係基礎』『英語(リスニングは除く)』)から2科目を選択し、試験結果と調査書等提出書類を総合的に審査して選考します。

目的志向型AO選抜入学試験

個別面接の結果及び志望理由書等提出書類を総合的に審査して選考します。
個別面接では、本学のアドミッション・ポリシーを踏まえて、入学志願者の能力、適性、意欲、関心等を多面的、総合的に評価します。

特別選抜入学試験

個別面接の結果及び志望理由書等提出書類を総合的に審査して選考します。
個別面接では、本学のアドミッション・ポリシーを踏まえて、入学志願者の能力、適性、意欲、関心等を多面的、総合的に評価します。