教員紹介 奥村俊樹

講師 奥村 俊樹 Toshiki Okumura
専門領域・研究テーマ
糖代謝関連物質(血糖・インスリン・AGEs・C-peptide)
骨密度、スポーツ選手の減量、健康
略歴
1995年 秋田県立秋田高等学校卒業
1999年 明治大学政治経済学部政治学科卒業
2001年 日本体育大学大学院前期博士課程修了

2013年 弘前大学大学院医学研究科修了 博士(医学)弘前大学
2003年4月~2006年3月 青森中央学院大学非常勤講師
2006年4月~ 青森中央学院大学 経営法学部専任講師、青森中央短期大学 非常勤講師
研究業績
(論文)
・相撲選手における約2年間の稽古が血清オプリニン化活性化に及ぼす影響
 体力・栄養・免疫学会 2004年11月 14巻2号(共著)
・The debut on the preventive effect of dietary fiber
 against color cancer:Quo vadis?
 体力・栄養・免疫学会 2007年12月 17巻3号(共著)
・非糖尿病罹患者における糖代謝関連物質が骨密度に及ぼす影響
 :岩木健康増進プロジェクトにおける検討
 体力・栄養・免疫学会 2013年 23巻2号(原著)
所属学会
日本衛生学会、体力・栄養・免疫学会
社会活動
青森中央学院大学柔道部監督
主な担当科目
健康と余暇、体育論理
その他
趣味:柔道、読書、映画鑑賞、スノーボード、サーフィン、ノルディックウォーキング

戻 る