特待生選抜試験

特待生(授業料免除)選抜試験

経営法学部の特待生選抜試験には下記2種類の選抜方法があり、それぞれ本試験の成績上位者(本学が定める基準点以上)の中から、特待生を選抜します。

A.特待生選抜(第1期・第2期)
B.大学入試センター試験利用入学試験特待生選抜(第1期~第4期)

1.特待条件(授業料は1年次の金額)
・授業料(650,000円)の全額を免除
・授業料(650,000円)の半額(325,000円)を免除
・授業料(650,000円)の3割(200,000円)を免除

※特待生は、試験結果に基づいて候補者を選定し、個別面接の結果により決定いたします。
また、特待生選抜受験はA・Bの中から1回のみとします。

2.特待内容等

  1. 本試験の成績上位者(本学が定める基準点以上)の中から、特待生を選抜いたします。
  2. 特待生は授業料(650,000円)全額免除、半額免除、3割免除の特典が与えられます。
  3. 2年次以降の進級時点において、本学の定める特待生審査に合格した者は、引き続き上記授業料の免除を受けることができます。

3.採用の基準(昨年度実績)
特待生選抜試験(第1期・第2期) 得点率75%以上
大学入試センター試験利用入学試験特別選抜(第1期~第4期) 得点率65%以上

※各試験とも、採用人数枠は設けておりません。

〔A〕特待生選抜試験(第1期・第2期)

1.受験資格

試験区分 受験対象者 要件
第1期 一般第1期受験者 筆記試験終了後、面接試験を行います。
第2期 指定校推薦・公募推薦(第1期・第2期)合格者
目的志向型AO選抜合格者
一般第2期受験者
指定校推薦・公募推薦(第1期・第2期)・目的志向型AO選抜は、入学手続き(一次手続)完了者
一般第2期受験者は、筆記試験終了後に面接試験を行います。

2.選抜方法

試験成績の結果を審査して選考します。

選抜区分 選抜試験の教科・科目 必修選択 満点
第1期 『国語(近代以降の文章)』、『英語』、「数学Ⅰ」、
『数学Ⅰ・数学A』、「政治・経済」、「簿記」
6科目中
1科目選択
100点
第2期

3.入試日程

選抜区分 申込期限 試験期日 合格発表
第1期 1月26日(金) 2月3日(土) 2月10日(土)
第2期 2月23日(金) 3月3日(土) 3月10日(土)

4.試験時間・試験会場

【第1期】
日程 選択科目 試験会場
国語 数学I/数学I・A/
政治・経済/簿記
英語
受付
受験者入室
8:40~9:10 10:15~10:45 12:15~12:45 本学
函館・盛岡
秋田・仙台
諸注意連絡 9:10~9:30 10:45~11:00 12:45~13:00
筆記試験 9:30~10:30 11:00~12:00 13:00~14:00
【第2期】
日程 選択科目 試験会場
国語 数学I/数学I・A/
政治・経済/簿記
英語
受付
受験者入室
8:40~9:10 10:15~10:45 12:15~12:45 本学
諸注意連絡 9:10~9:30 10:45~11:00 12:45~13:00
筆記試験 9:30~10:30 11:00~12:00 13:00~14:00

5.申込方法

一般入学試験受験者で特待生選抜試験を受験する場合は、志願書の特待生選抜試験受験の有無の欄の「有」に○印を付けてください。
その他の試験合格者で受験を希望する場合は、合格後に本学より送付される「特待生選抜申込書」に必要事項を記入の上、申込期限までに提出してください。

〔B〕大学入試センター試験利用入学試験特待生選抜

大学入試センター試験利用入学試験特待生選抜は、本試験合格者すべてが対象となり、本試験の
合格と同時に候補者が選抜されます。

1.受験資格

「大学入試センター試験利用入学試験(第1期・第2期・第3期・第4期)」受験者の中で、合格した者。
ただし、平成29年1月に実施された大学入試センター試験の成績を利用して、本学本試験に合格した者は除く。

2.選抜方法

大学入試センター試験の結果に基づいて候補者を選考し、後日実施する面接試験の結果により決定いたします。

選抜区分 選抜試験の教科・科目 科目選択 配点
第1期
第2期
第3期
第4期
選択① 『国語(近代以降の文章)』、
「数学Ⅰ」、『数学Ⅰ・数学A』、
『簿記・会計』、
『情報関係基礎』、
『英語(リスニングは除く)』
(1)
選択①から
2科目
(2)
選択①・
選択②から
各1科目
左記(1)・(2)のうち、
得点の高い方を
利用して選抜。
100点満点の科目は、
200点満点に換算し、
400点満点で判定。
選択② 「世界史A」、「世界史B」、
「日本史A」、「日本史B」、
「地理A」、「地理B」、
「現代社会」、「倫理」、
「政治・経済」、
『倫理、政治・経済』

(注1)『 』内記載のものは、二つの科目を総合したもの又は二つ以上の科目に共通する内容を盛り込んだ出題科目とする。

3.申込方法

本試験の合否と同時に審査されます。出願書類以外の提出及び受験料は不要です。
候補者となった場合の面接試験には、本試験受験票を持参してください。