学部新設の理念

愛あれ、知恵あれ、真実あれ。慈愛と英知に溢れ、真理を糧とする看護師像を目指して。

地域社会に貢献できる人に

教育目的

 生命の尊厳を尊重し豊かな人間性を備えて一人ひとりの『生』に寄り添い、科学的根拠に基づく判断力と技術による実践力を有し、他の職種と協働しつつ看護の向上に資する研鑽力を養い、地域社会の保健医療福祉に貢献できる人材を養成することを目的としています。

教養、豊かな人間性を兼ね備えた看護師、保健師に

ディプロマポリシー(学位授与方針)

 卒業時までに以下のような能力を身につけることをめざします。

  • 看護の対象となる人間と社会への理解を深め、人間性を育み、人権を尊重・擁護する倫理観を 身につけている。
  • 看護学の理論、科学的判断、援助的関係形成、看護技術の基礎能力を身につけている。
  • 一人ひとりの健康課題を分析し、対象に合わせた看護を実践できる。
  • 保健医療福祉関係者と協働し社会全体に働きかけていくために、地域の健康課題を分析し、人的・物理的・ 経済的な資源を調整する実践力の基礎を身につけている。
  • 生涯にわたり専門職としての目標を持ち、主体的に研究等、自己研鑽し続ける能力を身につけている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です