カリキュラム体系

カリキュラムポリシー(教育課程編成の基本方針)

看護学部は、建学の精神、教育研究上の理念、目的および学位授与方針に基づき、「コモンベーシックス」「人間探究科目」「専門科目」が相互に連携し、学修の積み重ねによって着実にステップアップできるよう編成されています。(→開講科目をみる)

教育方法

少人数制ゼミナール・グループワーク・ディベート・PBL(問題基盤型学習方法)の活用

学びをより深いものとしながら、学問を追究していく姿勢を育てます。

実践を重視した実習教育

豊富な教材の活用(モデル人形等)や模擬患者設定の技術演習により、実践力を育てます。 臨地実習では、地域の基幹病院である公立の医療機関を中心に、1年次より段階を踏んで近隣の医療・福祉施設や保育園、訪問看護ステーション、市町村の保健行政機関等で展開します。

自ら学ぶ場の提供

実習室の自習スペース・ラーニングコモンズなど、自分で学習を深める(深めたくなる)場所があります。

教育課程編成のイメージ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です