防災士養成講座

防災士とは、「自助」「互助」「協働」を原則として、社会のさまざまな場で、減災と社会の防災力向上のための活動について十分な意識を持ち、一定の知識・技能を習得したことを、日本防災士機構が認定した人です。(日本防災士機構より)

防災士の役割

大災害の発生時には、公的な支援の到着が遅れるのが現実であり、災害規模が大きくなるほど救助・救援は遅くなります。
その間、我々は公的機関が機能発揮できるまでの期間、避難・救助・避難所運営等を自ら行う必要が生じます。そのためには、平時から、防災意識の啓発、大災害に備える互助・協働の活動訓練、防災と減災、救助等の技術練磨に取り組み、大災害に備えなければなりません。
防災士はこのような防災・減災活動を地域と一体となって進めています。

防災士になるメリット

防災に関する知識と実践力を身に付け、地域や職場の防災士リーダーとして認められるほか、災害に備えてスキルを磨き、安心・安全な社会づくりの担い手として活躍の場が広がっています。さらに防災士相互のネットワークを構築し協力関係を確立し、連携を活かした防災活動を行うことができます。防災士の資格を活かした活動は、就職活動の際にPRすることも可能です。

青森中央学院大学防災士養成講座について

青森中央学院大学は、平成22(2010)年度から防災士養成講座を開講し、防災士の養成に努めてきました。
大学生と一般市民が同じカリキュラムを受講し、グループワークで意見を交わし、防災士になるという目標に向かって共に学びます。

※ 今年度の防災士養成講座の日程が決まりましたらお知らせいたします。