TOPICS

【経営法学部】山本俊ゼミ:4年生が統計データ分析コンペティションに論文を投稿し、優秀賞を受賞しました

山本俊ゼミの経営法学部4年生 TENG YU ZHEさんの論文が統計データ分析コンペティションにて優秀賞に選出され、2022年12月7日の授賞式に出席しました。

 

論文題目:社会保障政策と犯罪の関係 ―都道府県パネルデータによる実証分析

 

TENGさんの論文では、都道府県別データを基にした統計分析により、社会保障政策の充実が犯罪の抑制につながることが示されています。
本文や論文審査会のコメント等は以下のリンクからご覧になれます。

https://www.nstac.go.jp/statcompe/award-2022-univ.html

TENGさんが応募した、統計データ分析コンペティションは、予め定められたデータ等を分析した論文を募集し、アイデアや解析力を競い合うことで、学生の統計リテラシーの向上を図るもので、総務省統計局などの共催によって実施されています。

 

 

受賞の感想をTENGさんに聞いてみました。
「私はデータ分析に興味があり、将来はデータ分析を深く勉強したいと考えています。また、データ分析や統計学への社会的関心も高まっているので、今回の受賞をとても嬉しく思います。ゼミの先生や、これまでに出場した様々な研究大会でアドバイスを下さった皆様にも感謝したいです。ありがとうございました」

前のページに戻る