TOPICS

【別科助産専攻】授業紹介:助産診断技術学演習『集団指導』(デジタルオープンキャンパス動画作成)(2020/05/23)

2020年5月23日、青森中央学院大学のデジタルオープンキャンパスが行われました。
今年度は新型感染症の発生状況を鑑み、来校によるオープンキャンパスを中止し急遽Web上でのデジタルオープンキャンパスの実施となりました。

助産師は分娩期のケアだけでなく妊娠前からの女性の健康保持・増進に働きかけていく役割があります。当初は来校された高校生に対して対面で健康教育を実施する予定でしたが、急遽動画を作成し視聴していただくことになりました。テーマは『やせるは生理を止める!?~将来赤ちゃんを迎えるために~』『お母さんが赤ちゃんに送る「糖」ってすごい!!!』の2つです。

引き続き入構が制限されていたため、学生たちはオンライン会議で指導を受け、それぞれのグループで夜遅くまでディスカッションを重ねながら準備しました。動画提出の10日前にようやく入構制限が解除されたため、急いで掲示する資料を作成し、動画撮影を行い、編集作業を進めました。

掲示する資料や動画のイラスト・字幕・BGM、視聴者にわかりやすい色や音量に最後までこだわって作成しました。

当日参加した視聴者からは「将来のためにも今から自分の身体を知ることは大事だと改めて分かりました」「糖を使って赤ちゃんはエネルギーに変えていることを初めて知り、より妊娠について興味を持つことができました」といった声が寄せられ、学生たちも達成感を得たようです。

非常にタイトなスケジュールではありましたが、学生たちが努力し一つのことを成し遂げる姿は非常に頼もしく感じました。これからの更なる学習に大いに発揮されることを期待しています。

※学生達が作成した動画は2020年8月8日の別科助産専攻のオープンキャンパスにおいて公開する予定です。みなさまぜひご参加ください。

前のページに戻る