TOPICS

【大学総合】2019年度 青森中央学院大学 学位記授与式を挙行しました

2020年3月17日、2019年度 青森中央学院大学 学位記授与式を挙行し、花田学長から経営法学部138名、看護学部95名、大学院3名、別科助産専攻5名の合計241名に学位記・終了証書が授与されました。

今年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により、卒業生および保護者、教職員のみの参加といたしました。
保護者の方々、教職員に見守られる中、学生たちは名前が読み上げられると、その場で起立し、各学部の代表者が登壇し学位記・修了証書が授与されました。

留学生の中には、母国の民族衣装や袴姿の学生もいました。

【学位記授与式:経営法学部代表】

【学位記授与式:看護学部代表】

【修了証書授与式:大学院地域マネジメント研究科代表】

【修了証書授与式:別科助産専攻代表】

続いて学業・課外活動面において優れた評価を受けた学生への表彰が行われ学長賞が授与されました。

 

【学長式辞】

【卒業のことば:経営法学部学生代表】

【卒業のことば:看護学部学生代表】

【卒業のことば:留学生代表・マレーシア】

今回、新型コロナウイルス感染症対策として、保護者の方には、式典の模様をライブ中継によりキャンパス内の別会場(学術交流会館)で御覧いただきました。

なかには、式典の様子をスマートフォンやビデオカメラで撮影する保護者もいらっしゃいました。

 

式後には、卒業生が後輩から祝福を受けたり、先生、友人らと記念撮影をするなど、別れを惜しむ光景が見られました。
卒業生の皆さんのますますのご活躍を期待しています。

前のページに戻る