TOPICS

【経営法学部】学生団体「ディベラボ」が「うまい森 青いもりフェア」にて、りんごの「オリジナルスイーツ」を(2019/11/23・24)販売しました

2019年11月23日・24日、青森中央学院大学と青森大学の学生で組織する学生団体「ディベラボ」が、青森市のアスパムで開催された東奥日報社主催「うまい森 青いもりフェア」にてりんごの「オリジナルスイーツ」を販売しました。

うまい森 青いもりフェア」は、東奥日報社が青森県の多彩な食の魅力を発信するために開催し、今年度で4年目を迎えるイベントです。

販売したオリジナルスイーツは、学生団体「ディベラボ」と、青森市内の老舗和菓子店「二階堂」が協力して青森県産りんごを使った2種類のオリジナルスイーツで、りんごのパイの「りんごころ」とりんごのパスチラ風サンドの「りんごろりん」の2種類です。

「りんごころ」は、香料を使わずに作った二階堂さん特製のりんごあんを何層にも織り込んで作ったりんごのパイです。りんごは、甘み・酸味・香りのバランスのよい青森県産ふじを使用しました。

「りんごろりん」は、ロシアのパスチラというりんごを使った伝統的なお菓子を(マシュマロのような触感の)ギモーブへアレンジし、サブレでサンドしたお菓子です。

今回、予想以上にお買い上げいただき、追加発注をして対応しました。
お買い上げいただいた皆様、ご協力くださった皆様、ありがとうございました。

前のページに戻る