入試種別・入試概要

学校推薦型選抜入学試験(公募制)

出願基準

全体の学習成績の状況(旧「評定平均値」)が3.5以上

選抜方法・配点

小論文(100点)、個別面接(100点)、調査書(30点) 合計230点

ポイント

  • 「小論文」では、文章やグラフ、図などを読解する過程を含んだ内容を出題します。専門的な知識は必要ありませんが、アドミッション・ポリシーをよく理解しておくことが必要です。
  • 「個別面接」では、看護職への意欲・適性を主に評価します。入学後のイメージを明確に持っているか、自分の言葉で表現できているかなども評価のポイントになります。皆さん自身のことについて質問しますので、受験に至った経緯などを振り返って、志望動機などをまとめておいてください。
    また、提出された調査書を参考資料として活用します。
  • 調査書の内容が点数化されます。学習成績の状況のほか、部活動やボランティア活動、資格や検定試験などを評価の対象とし、加点します。

一般選抜入学試験

選抜方法・配点

科目試験3科目(各100点)、グループ面接(50点)、調査書(20点) 合計370点

選択科目について

【必須科目※2科目】第1期:国語(近代以降の文章)、英語/第2期:小論文、英語
【選択科目※1科目】数学Ⅰ・A、生物基礎、化学基礎

ポイント

  • 各科目とも「思考力・判断力・表現力」を判断するために、記述式問題を含んだ出題内容とします。
  • 小論文については文章やグラフ、図などを読解する過程を含んだ内容を出題します。
  • グループ面接では、提出された調査書を参考資料として活用します。
  • 調査書の内容が点数化されます。学習成績の状況のほか、部活動やボランティア活動、資格や検定試験などを評価の対象とし、加点します。

大学入学共通テスト利用入学試験

選抜方法・配点

大学入学共通テスト3科目の成績(各200点)、調査書(30点) 合計630点
※本学の個別学力試験は課さない

選択科目について

<必須>『国語(近代以降の文章)』『英語(リスニングを含む)』
<選択>「数学Ⅰ」『数学Ⅰ・A』「化学」「生物」のうち1科目、または「化学基礎」「生物基礎」の2科目から点数の高いものを採用

ポイント

  • 100点の科目は200点に、50点の科目は100点に換算します。
  • 令和5年度又は令和4年度大学入学共通テストの成績どちらか一方を利用することができます(単年度の得点合計により判定)。
  • 調査書の内容が点数化されます。学習成績の状況のほか、部活動やボランティア活動、資格や検定試験などを評価の対象とし、加点します。

特別選抜(帰国子女・社会人・留学生)入学試験

特別選抜(社会人)

社会人経験のある方(高校卒業後3年以上。家庭人を含む)で、本学で学びたいという意欲のある方が対象です。
【選抜方法】
小論文(100点)、個別面接(100点)
※「小論文」では、文章やグラフ、図などを読解する過程を含んだ内容を出題します。

特別選抜(帰国子女)

外国での経験を踏まえて、本学で学びたいという方が対象です。
【選抜方法】
小論文(100点)、個別面接(100点)
※「小論文」では、文章やグラフ、図などを読解する過程を含んだ内容を出題します。

※特別選抜(留学生)については、別途「留学生募集要項」を本学へ請求し、ご確認ください。