Nietzsche als Komponist

CDから見る
作曲家としてのニーチェ

Music Boulevard - The Ultimate Online Music Store!



本頁では作曲家としてのニーチェを紹介していきます。CD紹介が 中心になりますが、順次、楽曲の特徴や、ニーチェを題材とした別 の作曲家の作品(R.Straussはもちろん、Frederick DeliusやMahler 等含む)もご紹介できたらよいかなと考えています。Wagnerへの強 烈な批判を展開し、Bizetを持ち上げたことで有名なニーチェです が、彼の作品自体は後期ロマン派的様式感の濃厚なところがアレで す^^;。紹介CDを聴いてみたい方は、上記 Music Boulevard で取 り寄せる方法が一番確実ではないでしょうか。国内でしたら以下の サイトのCD店で探してみてください。

タワーレコード
HMV
この他、WAVE, Virgin Mega Store, 石丸電気、
山野楽器、新星堂等は可能性があります




Dietrich Fischer-Dieskau(bariton) 何といっても天下のフィッシャー=ディース カウが引退直前に録音した作品と言う点で、 群を抜いている。4手のピアノ曲2曲以外の 16曲はピアノ伴奏歌曲で、全18曲の構成。 大手レーベルからの発売という点でも入手が しやすい。
Nietzsche・Lieder・Piano・Melodrama
Aribert Reiman(piano), Elman Budde(piano) Berlin, 1989~1993
1.Mein Platz von der Tür 2.Aus der Jugendzeit 3.Da geht ein Bach 4.Das zerbrochene Ringlein 5.Wie sich Rebenranken schwingen 6.Beschwörung 7.Nachklang einer Sylvesternacht mit Prozessionslied, Bauerntanz u. Glockengeläut 8.Nachspiel 9.Ständchen 10.Unendlich 11.Verwelkt 12. Ungewitter 13.Gern und Gerner 14.Das Kind an die erloschene Kerze 15.Es winkt u. neigt sich 16.Junge Fiescherin 17.Gebet an das Leben 18.Manfred-Meditation
PHILIPS PHCP-5349
青森音楽堂 \3,000-(税込)



Friedrich Nietzsche, Volume II Albanyレーベルからのニーチェシリーズの1 枚。残念ながらvolumeI(若きニーチェの作品 集) は未聴だが、渋谷のタワーで見かけたこ ともあるので、日本でも入手の可能性はある。 本volumeIIは20才以降の成人したニーチェ 作品を集めている。演奏はピアノ、ソプラノ、 ヴァイオリン、バリトン、合唱など様々。 1曲目、12〜17曲目はF=D盤にない曲。
Kompositionen der Reife, 1864-82
Lauretta Altman(piano), Wolfgang Bottenberg(piano)
Valerie Kinslow(soprano), Sven Meier(violin)
Erik Oland(bariton), Peter Schubert/The Orpheus Singers
1.Eine Sylvesternacht 2.Beschwörung 3.Nachspiel 4.Ständchen 5.Unendlich 6.Verwelkt 7.Ungewitter 8.Gern und Gerner 9.Das Kind an die erloschene Kerze 10.Es winkt u. neigt sich 11.Junge Fiescherin 12.O Weint um sie 13.Herbstlich sonnige Tage 14.Adel Ich muss nun gehen 15.Das "Fragment an sich" 16.Kirchengeschichtliches Responsorium 17.Monodie a deux 18.Gebet an das Leben
Albany TROY181
池袋WAVE \2,000-(税抜)



Elema Letnanova(piano) Talentレーベルからのニーチェヴァイオリン 伴奏のピアノ作品集。1、3、5〜9、11、 12が初出。
F. Nietzsche/Piano Works & Violin Fantasy
Kuniko Nagata(violin) Ryelandt Hall, Bruges 1994 & De Rode Pomp, Ghent 1997
1.Im Mondschein auf der Puszta 2.Das zerbrochene Ringlein 3.So lach doch mal 4.Das "Fragment an sich" 5.Hymnus an die Freundschaft 6.Einleitung 7.Skizze zu Byron's "Foscari" 8.Ungarischer Marsch 9.Die Heldenklange 10.Da geht ein Bach 11.Ermanarich 12.Edes titok 13.Nachklang einer Sylvesternacht
Talent DOM 2910 31
渋谷タワー \2,290-(税抜)



Walid Akl(piano) Pavane Recordsレーベルからのピアノ独奏の ニーチェ作品集。スクリャービンの練習曲と リスト編曲のタンホイザー序曲を併録。7、 8曲目が初出。
Friedrich Nietzsche Klavierwerke
1995
1.Die Heldenklange 2.Ungarischer Marsch 3.So lach doch mal 4.Da geht ein Bach 5.Im Mondschein auf der Puszta 6.Ermanarich 7.Mazurka 8.Aus der Czarda
PAVANE ADW 7322
渋谷タワー \1,690-(税抜)



Louise de Froment これは番外。哲学者・思想家でもニーチェで はなくてルソーの作品。音楽が思想や哲学に 大きな意味をもつ場合は決して少なくないが、 中でもニーチェとルソーはその筆頭。何と言 ってもブフォン論争の片方の主役であったル ソーは、自分でもペルゴレージのオペラ・ブ ッファ『奥様女中』のような一幕物の幕間劇 を書いた。それがこのCD。恐らくこの作品 の存在になんらかの刺激を受けて、文字通り 少年であったモーツァルトが"Bastien und Bastienne"を書いたであろうことは有名な話。 この辺のことは、ぜひ海老沢敏『ルソーと音 楽』白水社、1981年を参照されたい。ちなみ に筆者にも「ニーチェに於ける現実主義−− ルソー批判を中心に−−」という論文がある(^^ゞ。 ゲッダがcolin役をやっているこの録音は、 本来EMIでされたものだが、現在はCPOレーベ ルから比較的容易に入手できる。
Jean-Jacques Rousseau・Le Devin du Village
Intermezzo in one Act. Paris, 1956
Orchestre de Chambre Louise de Froment
Choeurs Raymond Saint-Paul
Colette:Janine Micheau(soprano)
Colin:Nicolai Gedda(tenor)
Le Devin:Michel Roux(baritone)
CPO 999 559-2
渋谷タワー \1,690-(税抜)



以下随時更新補充予定です。