アドミッションポリシー

入学者受入れ方針(アドミッションポリシー)

青森中央学院大学看護学部は、「愛あれ、知恵あれ、真実あれ」という建学の精神および教育理念に基づき、生命の尊厳を尊重し豊かな人間性を備えて一人ひとりの『生』に寄り添い、科学的根拠に基づく判断力と技術による実践力を有し、他の職種と協働しつつ看護の向上に資する研鑽力を養い、地域社会の保健医療福祉に貢献できる人材を養成することを目的としています。

その実現のために、入学者受入れ方針として、以下を掲げます。

  1. 人間の尊厳に対する感性を持ち、人を大切にできる人
  2. 人が生まれ社会で生活していく過程を科学的に理解するための基礎学力を有している人
  3. 人への関心を持ち、どのような人とも対等にコミュニケーションができ、協働性が図れる人
  4. 心身ともに健康で、主体的に行動できる人

入学者選抜方法の基本方針

本学の教育理念・目的に合致する学生を選抜するために、さまざまな評価の観点から多様な入学者選抜を実施し、志願者の能力や資質を総合的に評価し、判定します。

(1)公募制推薦入学試験

学校長から提出される推薦書と調査書、本学で実施される小論文、面接および志望理由書に基づき、専門への適性を総合的に判断します。
調査書では高校生活における学習活動、課外活動のほか、資格、検定試験の成績等などを総合的に評価します。小論文では、読解力、文章作成能力・論理性、専門職への関心度などを評価します。
面接では、コミュニケーション能力、適性を評価します。
志望理由書では、専門職に対する理解と学習意欲などを評価します。

(2)一般入学試験

基礎学力を判断するために、学力試験を行います。「国語」と「英語」を必須とし、更に専門を深めるために必要な科目である、『数学Ⅰ・数学A』『生物基礎・生物』『化学基礎・化学』から1科目を選択し、計3科目で評価します。
面接では、コミュニケーション能力や適性を評価します。
調査書では、高校生活における学習活動、課外活動及び資格、検定試験の成績等を総合的に評価します。

(3)大学入試センター試験利用入学試験

大学入試センター試験の結果を用いて、基礎学力を判断します。
「国語」と「英語」を必須とし、更に専門を深めるために必要な科目である、「数学Ⅰ」、『数学Ⅰ・数学A』「生物」「化学」から1科目または「生物基礎」及び「化学基礎」の2科目を選択し、評価します。
調査書では、高校生活における学習活動、課外活動及び資格、検定試験の成績等を総合的に評価します。

(4)社会人特別選抜入学試験

必要な基礎学力の状況や専門職への関心度を把握するために、小論文を課し、読解力、文章作成能力・論理性を評価します。
面接では、コミュニケーション能力、適性を評価します。
志望理由書では、専門職に対する理解と学習意欲などを総合的に評価します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です