文献複写・相互貸借

文献複写・相互貸借

本学に所蔵していない資料について、複写や貸借を依頼することができます。
申込用紙をダウンロードして、図書館カウンターに持参してください。

文献複写 相互貸借(図書取寄せ)
対象
  • 大学院生
  • 学院大学生で指導教員がいる学生
  • 短期大学生で指導教員がいる学生 ※1年後期~
申込みにあたって
  1. 資料が本学に所蔵されていないことを確認してください。(OPAC雑誌検索などで検索してください)
  2. 申込は1件につき1枚です。
    複数の依頼を1件にまとめて申し込むことはできません。
  3. 1グループで1回につき3件まで依頼可能です。
    論文は支払い確認後、また、相互貸借は閲覧終了後に再度依頼可能となります。
  4. 資料について判明している情報は詳細に記入してください。
    省略厳禁項目
    ◆文献複写:論文名・誌(書)名等
    ◆相互貸借:書名・著者名・出版者等
  5. 申し込可能な文献複写、また、貸借図書の複写可能範囲は、著作権法で認められている範囲内のみ可能です。
    一般的に、図書や雑誌は全ページ数の半分を超える複写はできません。また、文献の内容や状態によっては複写できない場合もあります。
    相互貸借の場合、閲覧資料の複写は、貸借相手館の指示に従ってください。
  6. 一旦申込受付したものについては、キャンセルできません。
  7. 貸出された図書の汚破損等の責任は申込者が負います。
費用の支払いと複写物の支払いについて
  1. 到着連絡は、グループ全員のポータルサイトに掲示します。
    必ずポータルサイトへ携帯メールアドレスを登録してください
  2. 文献複写・図書取寄せは有料で、申込者負担となります。
  3. 支払有効期限は料金通知から3日以内(ただし、土日祝を含まない)とします。
  4. 相互貸借の閲覧期間は、料金通知から10日以内(ただし、図書館の休館日を含まない)、支払いが完了してから閲覧できます。
  5. 文献複写料金については全て前払いです。下記についてカウンターまで持参してください。
    ◆文献複写:領収書のコピー
    ◆相互貸借:①領収書のコピー、②切手、③切手を購入した際のレシート
  6. 支払いが確認された後、利用開始となります。
    ◆文献複写:支払い終了後、複写物を渡します。
    ◆相互貸借:支払いが確認された後、閲覧を開始することができます。
  7. 連絡が無く、支払が期限内にされなかった場合は、今後の受付をいたしません。

用紙ダウンロード