基本方針

学部の理念・目的

看護学部は、すべてを慈しむ人間性を有し、看護の課題に創造性豊かに取り組み、一人ひとりの「生」に寄り添い主体性に立脚する人材を育成します。また、地域社会の保健医療福祉に貢献できる高い専門性を有し看護を実践する人材を育成します。併せて、地域と連携を図りながら疾病の予防と看護の継続性を重視した健康課題の解決を目指した教育・研究により、人々の健康増進と生活の質の向上に貢献します。
この教育研究上の理念に基づき、看護学部は、生命の尊厳を尊重し豊かな人間性を備えて一人ひとりの『生』に寄り添い、科学的根拠に基づく判断力と技術による実践力を有し、他の職種と協働しつつ看護の向上に資する研鑽力を養い、地域社会の保健医療福祉に貢献できる人材を養成することを目的としています。

アドミッション・ポリシー(入学者受入方針)

看護学部では学部理念に基づき、看護学部の入学者に求める学生像を次のように定めています。

  1. 人間の尊厳に対する感性を持ち、人を大切にできる人
  2. 人が生まれ社会で生活していく過程を科学的に理解するための基礎学力を有している人
  3. 人への関心を持ち、どのような人とも対等にコミュニケーションができ、協調性が図れる人
  4. 主体的に行動できる人

ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)

学位授与方針は、卒業時の学生の成果として期待するものであり、これらの能力を有する学生に学士(看護学)の学位が授与されます。
看護学部では、学士として必要な「学士力」を<態度・志向><知識・理解><技能・伝達><総合・統合>の4つの柱に分類し、具体的内容を定めています。

態度・志向

ア.看護の対象となる人間と社会への理解を深め、人間性を育み、人権を尊重・擁護する倫理観を身につけている。
イ.生涯にわたり専門職としての目標を持ち、主体的に研究等、自己研鑽し続ける能力を身につけている。

知識・理解

ウ.看護学の理論、科学的判断、援助的関係形成、看護技術の基礎能力を身につけている。

技能・伝達

エ.一人ひとりの健康課題を分析し、対象者に合わせた看護を実践できる。

総合・統合

オ.保健医療福祉関係者と協働し社会に働きかけていくために、地域の健康課題を分析し、人的・物理的経済的な資源を調整する実践力の基礎を身につけている。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施方針)

看護学部では、教育課程を「コモンベーシックス」「人間探究科目」「専門科目」の3つに区分し、それぞれの区分の科目群による教育および学修が有機的に連携するように編成し、学生が体系的に学修できるようにしています。

教育課程編成方針

  1. 現代社会に生きる職業人に不可欠な基本的技能を学ぶために「コモンベーシックス」を配置する
  2. 人間性を豊かにし、人間、社会、そして自然への理解を深め、人権を尊重・擁護する倫理観を学ぶために「人間探究科目」を配置する
  3. 看護の対象者を理解し、基礎・基本から実践・応用までの看護学の理論と技術を深め、実践を統合できる能力を身につけるために「専門科目」を配置する。「専門科目」は、「健康科学と看護実践」「人間発達と健康支援」「看護の統合と発展」の区分に編成する
  4. 看護の概念枠組みである人間・健康・環境の理解、一人ひとりの健康課題の分析、看護・援助技術の基礎を学ぶために「健康科学と看護実践」を配置する。
  5. 人間の成長発達や対象者の健康課題に応じた専門的な看護を展開し、看護実践力や応用力を高めることを目指し、「人間と健康支援」を配置する。
  6. 地域で生活する対象者と家族への看護を展開し、地域の健康課題の分析および保健医療福祉関係者との協働・連携・調整力、看護を創造的に開発できる能力を養い自律性を高めるために「看護の統合と発展」を配置する。

教育課程実施方針

  1. 講義科目でも、課題学習やディスカッションの場を設け、能動的学びを啓発する。
  2. 演習では、グループワークやプレゼンテーション・ディスカッションの場を適宜取り入れ、学生の主体性・問題解決能力・コミュニケーション力・チーム内での連携や協働の力などを培う。
  3. 充実したモデル人形の活用や疑似患者を設定するなど、臨場感あふれる状況の中で、どのようにしたらよいか考えながら演習展開を行う。