教員紹介 教授:高橋興

専門領域・研究テーマ
生涯学習(社会教育、地域社会と教育)
教育行政(コミュニティ・スクール、小中・中高一貫教育、学校統廃合)
略歴
秋田県出身。弘前大学卒。青森県立高校校長を2校、青森県教育庁生涯学習課長、同教育庁参事、青森県総合社会教育センター所長等を歴任して現職
研究業績
【教育関係】
「学校支援地域本部をつくる」(単著 ぎょうせい)
「小中一貫教育の新たな展開」(単著 ぎょうせい)
「少子化に対応した学校教員充実の処方箋」(単著 ぎょうせい)
「地域社会・家庭と結ぶ学校経営」(共著 東洋館出版)
「学校と地域でつくる学びの未来」(共著 ぎょうせい)
「新編教頭読本」(共著 教育開発研究所)
「学校支援ボランティア」(共著 教育出版)
「新社会教育委員手帳」(共著 日常出版)
「学校・家庭・地域がともに進める学力づくり」(共著 教育開発研究所)
「校長入門」(共著 教育開発研究所)
「震災からの教育復興」(共著 悠光堂)
「教師の背中を押す校長・教頭の一言」(共著 教育開発研究所)
「地域との新たな協働を図る学校づくり」(共著 ぎょうせい)
「学校教育法実務総覧」(共著 エイデル研究所)
「小中一貫教育-事例編-」(共著 東洋館出版)
「コミュニティ・スクールの全貌」(共著 風間書房)  他
【その他】
「津軽選挙-地方政治における権力の構造-」(単著 北の街社)
「青森県におけるコミュニティの検証」(共著 公民館振興市町村長連盟青森県支部)
「自立的地域振興を目指して」(共著 青森地域社会研究所)
「豪雪対策関係法の法社会学的研究」(共著 日本積雪連合)
「青森県における選挙と住民」(共著 青森県選挙管理委員会他)
「青森県における町内会部落会等の実態」(共著 青森県新生活協議会)
「青森県の101人」(共著 北の街社)   他
所属学会
日本生涯教育学会、日本教育制度学会、日本学習社会学会、日本公民館学会、日本教育経営学会、日本義務教育学会
社会活動
文部科学省独立行政法人評価委員会臨時委員、同中央教育審議会生涯学習分科会臨時委員、同省社会教育アドバイザー、国立教育政策研究所プロジェクト研究「初等中等教育の学校体系に関する研究委員会」委員等を歴任。
2016年4月から文部科学省CSマスターを務める。
主な担当科目
人間と教育、教育行政学、暮らしと地域

戻 る