取得可能資格

取得可能資格

指定された課程を履修することにより取得可能な資格

教職課程

本学の経営法学のカリキュラムは、「経営」「法学」「関連」科目がバランス良く組み込まれているため、無理なく、中学「社会」、高校「公民」「商業」の3つの免許取得が可能です。

中学校教諭一種免許【社会】

中学校の教員となるために必要な資格です。学内での定められた単位習得の他に、学外での「教育実習」、「介護等体験」を修了することにより、免許が取得できます。

高等学校教諭一種免許【公民】【商業】

高等学校の教員となるために必要な資格です。学内での定められた単位習得の他に、学外での「教育実習」を修了することにより、免許が取得できます。

司書課程

司書

図書館での専門的職務を行うために必要とされる資格です。資格取得者は公・私立の図書館で勤務することができます。

学校図書館司書教諭

学校図書館の専門的職務を行うために必要とされる資格です。資格取得には、教職課程と併せて履修することが必要となります。

上級秘書士課程

上級秘書士

全国大学実務教育協会が認定する資格で、本学の正規の課程である経営法学の学習と併せて、この上級秘書士課程を履修することにより、マネジメント層の良き補佐役として、秘書のみならず、企業や官公庁他、広い分野の職業に活かすことができます。

社会福祉主事課程

社会福祉主事任用資格

この資格は任用資格で、福祉事務所などの福祉行政の仕事に就く人に必要とされる資格です。このほかに老人福祉施設や児童福祉施設などの指導員や社会福祉協議会の福祉活動専門員もこの資格を取得することが望ましいとされています。

試験を受験することにより取得可能な資格

本学では、種々の資格試験および公務員試験の対策(エクステンション)を課外講座として設けております。
取得を推奨する資格、その他エクステンションに係る内容につきましてはこちらをご覧下さい。