実施実績

実施実績

活動実績

国際産直プロジェクト

タイ産・マハチャノ・マンゴー販売
~輸入品の販売に係る業務全般を体験!~

大学で学んだ知識を地域フィールドで実践・研究する取り組みとして、経営法学部の学生が参加し輸入品の販売に係る業務全般を体験する国際産直プロジェクトを実施しており、タイ産高級マハチャノ・マンゴーを販売しています。
インターネット販売のほか、6月には道の駅や学内において直接販売も行いました。
総務・品質管理・在庫管理・広報などのプロジェクト運営業務の全てにわたり学生が携わり、作業を進めています。

活動内容については、広報担当学生によるスタッフブログにて公開しています。
⇒⇒国際産直プロジェクトスタッフブログ

 

官学連携 青森県基本計画 「学生発未来への挑戦フォーラム」

Flavor of sea, Flavor of Aomori
~外国語のメニューづくりサポート事業~
【 英語、中国語(簡字体・繁字体)で作成 】

青森県企画政策部企画調整課「学生発未来への挑戦フォーラム」の一環として、東北新幹線全線開業による更なる外国人観光客の増加を見据え、本学に在学している留学生が、青森県の食を外国人観光客により楽しんでいただくために、飲食店の外国語メニュー作りサポートを企画しました。

「外国人にも優しい青森県であって欲しい」という留学生の思いから始まった取り組みで、青森市内の2つの飲食店の協力を得て、英語、中国語(簡字体・繁字体)のメニューを作成しました。単にメニューを翻訳するだけでなく、外国人観光客が安心して注文できるように特徴のある食べ物に説明をつけるなど、外国人ならではの視点を活かしてメニューを作成しました。

インターネット上に販売コーナー開設

私たちが商品開拓から宣伝、販売まで手掛けました!

キャリアプランニングの授業の一つで、学生自ら商品を開拓し、販売します。2年生が3人程度のチームを組み、自らネットで情報収集したり、土産店や展示会に足を運び、魅力ある青森県産品を探し、さらにその企業を訪問し、販売許可を得るための交渉を企業のトップの方を相手に行いました。

続いて商品の魅力を伝えるキャッチコピーや、どのような内容にするとお客さんに伝わるかをチームで話し合い、ネット上の「かめあし商店楽天市場店」に販売コーナーを開設し、8月から12月までの期間で販売しました。

学生達は、自分たちのイチオシ商品が売れるように、各チームで工夫を凝らしました。その商品を使ったレシピを考え、ビジネスマッチングへ参加し、新聞やテレビでも商品の紹介を行いました。さらに、秋の学園祭で行った試食販売には多くのチームが参加し、盛り上がりをみせました。

これら一連のことを自分達で考え行動することで、社会に出て役立つ行動力やコミュニケーション力は確実に身につきます。