美肌力A-girlプロジェクト②開催!

 6月に入り、いよいよ強い紫外線を浴びる機会が増えてきました。さらに、日差しを暑く感じるほどの暖かい日と肌が冷たく感じるほどの寒い日が交互に繰り返され、お肌には相当なストレスがかかっていることでしょう。皆さんのお肌の状態はいかがでしょうか?
 

 女子力A-girlプロジェクトでは、510日に引き続き「美肌力A-girlプロジェクト」の第2回目を531日に実施しました。

 第2回目では、前回行ったスキンチェックの結果が発表され、自分に合ったスキンケア方法について学びました。

 

 まずは、POLAエステイン・アクアのスタッフの皆様からアドバイスシートが返却されました。アドバイスシートには前回行ったスキンチェックの結果が記載されています。

 POLAエステイン・アクアのスタッフ秋元さんの説明をもとに、それぞれのテーブルのスタッフさんから詳細な説明を受けます。

 アドバイスシートには角層の並びや毛細血管の状態などの8項目にわたり、自分の肌状態と同年代との比較がされたチャートや詳細な顕微鏡写真があり、自分の肌の強み弱みが一目で分かります。

  次に、肌構造のイラストを見ながら、アドバイスシートでわかった自分の肌の状態をさらに理解していきます。

 肌は大きく分けて表皮、真皮に分けられ、表皮と真皮の間に「肌幹」という、肌細胞を生む母細胞があります。「肌幹」はとても大事な部分で、元気な肌幹の形状は凹凸がくっきりし、新しい細胞を生み出す力があります。パワーダウンすると凹凸がなだらかな状態になり、細胞を生み出す力が落ちてしまいます。

  肌の不調の原因は、肌の表皮とその下の真皮部分で原因が異なるとのこと。表皮の一番上にある角質細胞は外部からの刺激を守る役割がありますが、細胞が十分に発達しないまま剥がれ落ちることで、乾燥肌や敏感肌をもたらすことがあります。これらの原因として多いのは、洗顔時のこすりすぎや熱いお湯での洗顔だそうです。これは、気を付けたいですね!

  さらに、最近は「マイクロダスト」といわれる、花粉やたばこの煙、PM2.5、黄砂などの微粒子もお肌に悪影響を及ぼすとわかってきました。「マイクロダスト」は毛穴の約1/20の大きさの為、容易に毛穴に入り込んでしまいます。こういった外部からの刺激を守る角質層を保護するため、肌に強い刺激を与えることはNGなのですね。

  一方、真皮にはコラーゲン繊維があり、疲れ、寝不足、ストレスなどにより状態が悪化します。でんぷん質の多い食事などが原因で体内のたんぱく質が「糖化」する現象が起こると、肌のくすみが起こってしまいます。

  紫外線は、肌の表皮から入り真皮まで届くと、シミ・メラニンが作り出される原因となります。特に青森では6月がもっとも紫外線が強い時期だそうです。要注意です!

 じっくりとアドバイスシートに向き合うと、自分の肌の不調がどこから来るのかが分かり、状態にあったお手入れの参考になりますね。

 

 アドバイスシートで自分の肌の状態とその原因を学んだ後は、待望のサンプルアイテム体験のお時間です。

 256万通りの組み合わせの中から自分の肌の弱み強みに合わせて、クレンジング・洗顔・化粧水・乳液・クリームを組み合わせた、自分だけのサンプルセットです。

今回はその中から、クレンジングと、洗顔を体験しました。

  クレンジングはのびのよさが大変気持ちよく、流した後、手の肌のモチモチ感がずっと持続します。

 洗顔料はきめ細かい泡をもこもこに泡立てて手に載せると、ひっくり返しても落ちません。肌触りももちろん、気持ち良い感触です!

洗顔時にこの泡に包まれたら気持ちよさそう…

 化粧水は1適を手の甲に落として、手のひらで温めて押しこめます。少ない量でもじっくり肌に入って浸透する様子を体験できました。

   サンプル体験の後は、セルフマッサージの方法を学びました。

 『(肌を)こする』『(肌を)たたく』『(マッサージクリーム・化粧水などを)ケチる』は、マッサージの3大NGと言われており、やってしまうと将来肌がたるんでしまうそうです。

 マッサージの基本は、①『ほぐす』→②『流す』→③『上げる』だそうで、実演をみながらマッサージの仕方を学びました。

 ①『ほぐす』

 はじめに顔のコリをほぐします。両手で握り拳を作り、中指の第二関節をツボに垂直に当て腕をぐるぐると動かしてほぐしてしていきます。これを頬の噛み合わせ時にへこむ部分から、耳の付け根にかけて行います。耳の付け根には、耳下腺リンパ節があり、ここをほぐすことによって老廃物が流れやすくなるとのことでした。

 次に親指の第二関節を使い、小鼻の横にある副鼻腔(蓄膿症の時に膿が溜まる部分)を刺激します。

 机に肘をつき、頭の重みを利用して押すのがポイントとのことです。

同様に、眉毛と目の間にあるくぼみの部分も刺激します。

②『流す』

 顔のコリがほぐれたら、次は老廃物をリンパに流します。

 まず顔全体を行っていきます。手でLの形を作り、合掌して鼻筋に当て手をその形のまま両耳まで引き、老廃物を耳下腺リンパ節に流しこみます。さらにそのまま鎖骨へ向かって手を動かしていきます。

同様に、フェイスライン→頬→全体 と行います。

③『上げる』

 老廃物を流したら顔のお肉を上げていきます。②『流す』と同様に手をL字にして合掌し、鼻筋に当て両耳まで引きますが、両耳まで引いたら3秒間、『あなたの居場所はここです』と言い聞かせて説得するそうです!

おでこは眉毛から生え際に向かって、左右交互に上げていきます。

以上の3ステップで、セルフマッサージは終了です。

 マッサージを行う際には、マッサージクリームなどを使い、摩擦を軽減させると良いそうです。このマッサージは、「むくみ防止」、「小顔効果」、「ほうれい線対策」などの効果があります。さらに、マッサージをすることで、肌が温まり、化粧水の浸透も良くなるそうです。

 説明によると、「大きな古時計」をゆっくり歌いながらマッサージを行うと、効果的なペースでマッサージができて良いとのことでした。

 

 さて、しっかりマッサージを行って小顔になった後は、お待ちかねのティータイムです。今回も美肌にこだわったものを準備しました。

 軽食は、青森でおいしいパン屋さんとしても有名な、「eat fun!」から美肌効果のある「ミニパウンド栗小豆」「フロンランタン」「ごません」の3つのお菓子をセレクトしました。

「ミニパウンド栗小豆」の栗には現代人に不足しがちな亜鉛が豊富に含まれており、肌荒れ防止になります。また、「フロンランタン」のナッツ類は乾燥肌や冷え性などに効果が期待できます。さらに、「ごません」に含まれるゴマには、脂肪燃焼効果もあるそうで、ビタミンC以外の 栄養素が全て含まれた万能食材だそうです。

  飲み物は、授業での疲れを癒してもらおうと、美肌効果が高い、リラックスPOLA製のハーブティー『キレイCAFÉ 10種ハーブのノンカフェインTEA』を用意しました。

 参加した学生には、6月のお肌と本日の軽食・飲み物の美肌効果に関するリーフレットを配布して、美肌力向上につながる知識を身につけてもらいました。

【当日の美肌効果の詳細はこちら】

 

 ティータイム中には前回同様、スタッフの皆様と談笑する様子やスキンケアのアドバイスを受ける様子が見られました。また、無料マッサージの予約をする学生もいました。

 

 

 最後に、POLAエステイン・アクアのスタッフの皆様と参加した学生みんなで記念撮影!

POLAのPポーズとA-girlAポーズで撮影を行いました。

 

 全2回の企画でしたが、学生たちにも大変好評で、スキンケアについて知識・技術を習得するよい機会となりました。

 ご協力いただいたPOLAエステイン・アクアのスタッフの皆様、どうもありがとうございました。

第1回目の様子はこちら