秋の美肌力A-girlプロジェクト(2回目 完結編)を実施しました

紅葉の見ごろが過ぎて、今年も間もなく厳しい冬がやってきますが、皆さんのお肌の状態はいかがでしょうか?

女子力A-girlプロジェクトでは、10月23日に引き続き「美肌力A-girlプロジェクト」のDAY2を11月6日に実施しました。DAY2では、待ちに待った前回のAPEXスキンチェックの結果発表と、自分の肌に合ったスキンケアサンプル体験をしました。

【春のイベントの様子はこちら】

急遽、集中講義が重なりイベント開始時間に間に合わない学生が半数近くいたため、まずは少人数でスタートしました。

POLA A.BLUE(ブルー)のスタッフから参加者一人一人にアドバイスシートが返却されました。アドバイスシートにはDAY1で行なったスキンチェックの結果が記載されており、スタッフ乗田さんの説明をもとに、それぞれのテーブルのスタッフさんから詳細な説明を受けます。

アドバイスシートには角層の並び・毛細血管の状態などの8項目について、自分の肌状態と同年代との比較がされたチャートや詳細な顕微鏡写真があり、自分の肌の強み弱みが一目で分かります。

みなさん、アドバイスシートを真剣に見つめ、自分の肌について理解を深めていました。

また、肌状態が良い人の細胞と自分の細胞の様子を見比べながら、一喜一憂する様子も見られました。今回の参加者の方で多い悩みは「乾燥」だそうで、適切に「乾燥」をケアしないと「敏感」も招くとのお話がありました。

肌の表面0.2mmのところにある角層細胞は家に例えると瓦屋根のようなもの。並びが整っていると、肌を外部からの刺激から守り、内部の保湿成分を逃がしません。しかし、並びが乱れると、紫外線やPM2.5などの刺激を受けやすく、美肌の条件である「うるおい」「あたたかさ」も逃がしてしまい、乾燥しがちになります。

乾燥しがちになると肌が皮脂を過剰分泌しニキビの原因に。

睡眠不足や食生活などを改めるとともに「枕カバーを毎日取り換える」、「化粧パフ・スポンジを清潔に保つ」、「メイクを落として寝る」といった普段の生活習慣が角質を育て、美肌力UPにつながるとのことでした。

ではさっそくサンプル体験です。今回は顔で体験する参加者もいました。

①クレンジング・②洗顔・③化粧水・④乳液・⑤クリーム、と順番に体験していきます。

256万通りの中から一人一人の肌に合った、組み合わせのサンプルなので、香りや使用感、感触などが隣の人とは全く違います。サンプルが混ざらないように、注意しながら体験しました。

クレンジングと洗顔は、一番「角層ケア」に重要なステップ。丁寧に行うことで肌がやわらかーくなります。洗い流すのは33℃程度のぬるま湯で行うのが良いそうです。

また、ステップ3の化粧水まででスキンケアをやめた場合、肌の水分は2~3時間で逃げてしまうそうですが、ステップ5のクリームまでしっかり行うと、8時間キープすることが出来るそうです。

APEXのクリームは、皮脂量を適切なバランスに整える効果があり、自分の肌にぴったり合っているため使用感が気にならないそうですよ。

ここまでのプロセスを行うことで、肌のキメがきれいな三角形に整います。

このようにして、自分に合ったAPEXのスキンケアを1ヶ月間続けると、肌が生まれ変わる過程が実感できるそうです。

季節や肌の状態に応じてスキンケアを変える際には、はじめはクリームから、次に乳液・クリーム、次は化粧水・乳液・クリーム、といったように、最後のプロセスから徐々に変えていくのが肌に負担が無いとのアドバイスもいただきました。

 

サンプル体験の後は、ベースメイクについて、POLAさんに持参いただいたサンプルを基に学びました。お店で2回目のスキンチェックを受けると、自分の肌に合った下地・ファンデーションの組み合わせがもらえるそうです。12月ぐらいに受診するのがおすすめとのことでした。

さて、最後は恒例のティータイムです。
今回の美肌スイーツはこちら。

軽食は、青森市中佃にある、『Atelier BON(パティスリー アトリエ ボン)』さんによる、本イベント特製のさつまいもとかぼちゃのタルトです。

Atelier BONさんは、ベルギーで修業をしたパティシエが作るケーキ、焼き菓子、チョコレートなど、細やかで上品な作りのスイーツが取り揃っています。青森中央学院大学の授業の一環で、共同でスイーツを開発したこともあります。中佃の店舗だけでなく、青森市大野のユニバース向かいにある「スタジオb」1階「patisserie & cafe Aterier Bon」でもスイーツが楽しめます。

 

スイーツはかぼちゃとさつまいもをふんだんに使用した秋らしい一品で、サクサクのビスケットの上には、なんと金箔があしらわれていました。見た目・ボリューム共にゴージャスなスイーツで、授業終わりの学生は、空腹を満たしてうっとりとしていました。

さつまいも、かぼちゃは穀類の中でも食物繊維が多い食材。糖質が多く太るイメージもありますが、水溶性食物繊維は粘着性があり、胃腸内をゆっくり移動するため、逆に糖質の吸収をゆるやかにすると言われています。また、不溶性食物繊維は、蜂の巣、ヘチマ状になっており、水分を吸収して膨らむので、便のカサ増し、蠕動を促進し、便秘でお悩みの方には強い味方です。そのほか、さつまいもの黄色、カボチャのオレンジ色が濃いほど、βカロチンが多く、抗酸化作用、高糖化作用があり、美肌効果(ニキビ予防、シミ予防)が高いと言われています。

飲み物は、POLA製品の、『A. スイッチアップシャイニーグリーンスムージー』をセレクトしました。大麦若菜、桑若葉、ブロッコリースプラウト、アーティチョークなどの野菜にグリーンバナナや早摘みスウィートオレンジをプラスし、ほんのり甘みを感じる味わいの飲み物です。今回は豆乳で割って、抗酸化・抗糖化作用もプラスしました。

参加者へは軽食・飲み物の美肌効果と11月のお肌に関するリーフレットを配布して、美肌力向上につながる知識を身につけてもらいました。絶品・ボリューム満点スイーツにお腹いっぱいとなり、大満足でイベントを終了しました。

ここで、授業で間に合わなかったチームが合流し、POLA A.BLUEのスタッフの皆さんと参加者全員で記念撮影! POLAのPポーズです。

最初から参加した学生はここで解散。

続いて、授業が重なりイベントに間に合わなかったチームへの特別講義です。通常のイベント終了後に参加できない学生のために特別に時間を延長して説明していただきました。

 

授業終わりで腹ペコの皆さんは、絶品スイーツを勢いよくほおばりながら、アドバイスシートの説明を真剣に聞きます。

時間の都合により、通常よりも駆け足で説明していただきましたが、しっかりサンプル体験まですることが出来ました。

19時半まで授業だったにも関わらず、スタッフの方に積極的に質問し、熱心に肌について学んでいました。

今年度、最後の美肌力A-girlプロジェクトでしたが、大盛況のうちに終えることができました。学生のみなさんは、今回のイベントで学んだスキンケアについての知識・技術を日々の生活にも取り入れて、ぜひ継続して美肌を目指してください。

遅い時間までご協力いただいたPOLA A.BLUEのスタッフの皆様、どうもありがとうございました。