2015第1弾:硬式野球部応援ツアー

 

女子力A-girlプロジェクト2015第1弾、4/25(土)硬式野球部応援ツアーを実施しました。

今回参加したのは、青森中央学院大学(経営法学部・看護学部)4名と青森中央短期大学(食物栄養学科・幼児保育学科)19名の計23名です。
昨年実施したツアーよりも多くの女子学生が参加しました。

本日の試合は、岩手県営球場(盛岡市)で行われる、北東北大学野球春季リーグの開幕戦で、昨年優勝の富士大学との一戦です。
開幕戦を勝利で飾り、スタートダッシュを図りたいところです。

今回は応援グッズとして、メガホン・選手名鑑・ポンポンを使用します。選手名鑑は女子力A-girlプロジェクトメンバー職員の手作りです。
ポンポンも、バスの中で学生たちが作成しています。

盛岡市内に入り、昼食タイム♪
盛岡といえば、盛岡冷麺~!ということで、みんなで冷麺を食べました。
さすが本場の味、今日は気温が高めということも手伝ってか、箸がどんどん進みます。


岩手県営球場に到着しました。こちらはプロ野球の試合も行われる立派な球場です。
対戦相手の富士大学は、プロ野球選手を何人も輩出している強豪で、球場にはプロ野球関係者と思われる方々の姿も見えます。
初めて野球場に入った女子学生もおり、その緊張感を肌で感じています。

 

試合は1回の表、富士大学に1点を先制されますが、青森中央学院大学の先発:村上君が2回3回と失点を許さず、緊迫したゲーム展開となっています。

応援の方は、「青森中央学院大学」の、のぼりを立て選手一人ひとりの名前を呼びながら、試合を盛り上げています。声援はグラウンドにいる選手にはもちろん、球場全体にも届き、良い雰囲気を作っています。

野球のことを知らない女子学生のため
に、解説担当として野球部マネージャ
ー3年生の相馬君が、試合のルール
や選手のことなどを教えてくれました。

試合の方は、7回8回とピンチ・チャンスを重ねながらも1点が出ず、最終回へ。
残念ながら最後も相手の速球に打ち勝つことができず、無得点のままゲームセットとなりました。
しかし負けはしたものの、強豪の富士大学を相手にヒット1本に抑えることができたのは、女子の応援のおかげで普段よりも力を発揮することができたからではないでしょうか。


応援してくれた女子学生に、整列して感謝の一礼です。

今回の応援をきっかけに、初めて野球の面白さを知った学生、スポーツ観戦・応援の楽しさを知った学生もおり、次回もまた応援したいという学生が多かったです。
女子力A-girlプロジェクトでは、次回5/23(土)のVS青森大学との一戦(青森県営球場 9:00~)の応援ツアーを企画しています。
興味を持った本学の女子学生の方は是非お申込みください!一緒に応援しましょう!
<お申込み方法>
<参加申し込み方法>
1、携帯電話はこちら
2、PCの場合は、ao2@aomoricgu.ac.jpまで、件名を「野球部応援ツアー」とし、【氏名】【学部学科】【学年】【希望の日にち】【連絡先電話番号】を明記してください

~Gallery~