TOPICS

【国際交流】タイからの留学生(第1期生)がスタディープログラムで母校に戻って来ました。

平成30年10月4日から6日まで、タイのランシット大学インターナショナルカレッジ(RIC)のスタディープログラムを受け入れ、学生交流や文化交流が行われました。
青森中央学院大学は1998年に開学して今年で20周年ですが、1998年に入学した第1期生(タイからの留学生)が、ランシット大学インターナショナルカレッジの教員として学生を引率して、再び母校に顔を見せてくれました。

前のページに戻る