TOPICS

【COC+事業】経営法学部学生が「ポタリング(街中サイクル)マップ」を作成しました

青森中央学院大学地域マネジメント研究所では、青森県サイクル・ツーリズム推進協議会と連携し、県内各地域でのサイクル・ツーリズム推進とそれに伴う雇用創出を目指して様々な取り組みをしています。
平成29年度は、COC+事業の一環として、学生企画による青森市内のポタリング(散歩程度の軽いサイクリング)用のマップを作成しました。
経営法学部内山清ゼミの学生が中心となり、青森県サイクル・ツーリズム推進協議の協力を得て、実際に走行しながらコースを作成しました。
今回は、「青森の自然と文化を自転車で気軽にめぐる旅」をテーマに、青森市街地コース(「西ルート」「東ルート」「南ルート」の3ルート)と「浪岡コース」を設定し、青森の魅力をたっぷり味わうことができるスポットが盛り込まれています。
マップは青森市内観光施設等に置いています。
今後は、このマップを活用したポタリングツアー等を実施していく予定で、内山ゼミの学生は作成したマップをもとにコースを実走し、サイクリングガイドの基礎を学んでいます
(講師:青森県サイクル・ツーリズム推進協議会座長 江利山元気氏)。

・ポタリングマップ(外側)

・ポタリングマップ(内側)

前のページに戻る