TOPICS

【経営法学部:佐藤淳研究室】「2018自治体職員『対話の学び場』(第3回)」を開催しました

地方自治を研究する経営法学部佐藤淳研究室では、地方創生時代の自治体を牽引するリーダーとなる職員の研鑽の場として、今年度、自治体職員「対話の学び場」を開催しています。
その第3回が、平成30年7月7日(土)に開催され、天候が悪い中、青森県庁、八戸市、弘前市、五所川原市、黒石市、平川市、岩手県花巻市、三戸町、藤崎町の9自治体の職員と、自治体職員を目指す学生、総勢16人が参加。
「地域における対話の実践事例」をテーマに、佐藤淳准教授が12年間関わってきた静岡県牧之原市の事例「対話による協働のまちづくり」についてスライドと動画で紹介、「バズセッション」を織り交ぜながら、対話共有して頂きました。

次回は、次回は平成30年9月8日(土)、「組織における対話の活用法」を学び合います。

*佐藤淳准教授が牧之原市の取り組みの紹介に使った動画はyoutubeにアップされています。
・男女協働サロン
https://www.youtube.com/watch?v=lhERBYYwZMc
・津波防災まちづくり計画
https://www.youtube.com/watch?v=3s3iyKp35gY
・地域の絆づくり事業
https://www.youtube.com/watch?v=acoE0dUMo94
・地域リーダー育成プロジェクト
https://www.youtube.com/watch?v=6BHAMvLsI74

前のページに戻る