TOPICS

【看護学部】超高齢社会を生き抜くための知恵-「血管から分かる自分の体」開催しました

平成29年11月18日、本学サテライトキャンパス(Friendly Window)において、ミニ公開講座第6回「血管から分かる自分の体」(看護学部 三國裕子准教授:基礎看護学)を開催しました。
血管にフォーカスした内容に加え、受講生の皆さんに酸素飽和度を測れるパルスオキシメータ(簡易装置)で実際に測定していただきました。
途中、研究のお話しも交え終始和やかな雰囲気で進行し、終盤の質疑応答も活発に行われました。
当日の悪天候にも関わらず多くの方にご出席いただき、ありがとうございました。

前のページに戻る