TOPICS

【看護学部】模擬患者参加型授業を行いました

平成29年10月17日、12月から始まる病院実習前の看護学部1年生を対象に、模擬患者参加型授業を行いました。

模擬患者参加型授業は、病院実習で初めて出会う患者さんとの対応を思い描くことができることから、昨年より授業に取り入れています。
今回も、模擬患者役には、大学が位置する横内町会の方々に協力していただきました。
学生たちは、緊張しながらも模擬患者さんとコミュニケーションをとりながら、血圧測定を行いました。

この模擬患者参加型授業を通して、患者さんの思いを引き出すコミュニケーションの難しさと大切さを学ぶとともに、看護技術をより高めていく必要性を、学生たちは実感しました。

前のページに戻る