TOPICS

【連携事業】平成29年度「むつ市中学生夢はぐくむ体験入学事業」を開催(8/16)しました

平成29年8月16日、むつ市との連携事業の一環として、将来医療職への就職を希望するむつ市の中学生を受け入れ、「むつ市中学生夢はぐくむ体験入学事業」を開催いたしました。
この事業は、むつ市の中学生に大学での体験活動を通じて、自らの将来の職業に対する意識と学習意欲を向上させるとともに、各中学校でのキャリア教育をより一層推進し、むつ市の未来を担う人材を育成することを目的に、昨年度から青森中央学院大学で実施しています。
参加した16名の中学生の皆さんは、花田勝美学長の特別講義「医療を支える20の職種~どうすればなれるのか~」、看護学部山田教授の模擬授業「老いるということ」、看護実習体験「高齢者を体験しよう!」、経営法学部高山教授によるワークセッション「留学生と語ろう、グローバル社会と私たち!」、キャンパスツアーなどの一日大学生体験をしました。

【花田勝美学長特別講義「医療を支える20の職種~どうすればなれるのか~」】

【山田教授による模擬授業「老いるということ」】

【腕におもりをつけて、豆をつまむなど日常生活体験】

【視野ゴーグルと耳栓をしての体験】

【看護学部3年生によるレポート発表】

【聴診器を使って自分の心臓の音を聞く看護体験】

前のページに戻る