TOPICS

学園創立70周年記念式典・記念講演・記念祝賀会を開催しました

平成28年10月28日、学校法人青森田中学園創立70周年記念式典・記念講演・記念祝賀会を開催しました。

記念式典では、青森中央経理専門学校・青森中央文化専門学校・青森中央短期大学・青森中央学院大学の代表の学生をはじめ教職員・来賓を含め約400名が出席。
石田憲久理事長が「多くの先人たちが積み重ねてきた努力の結晶を財産にして、未来に対する確固たる展望を持ち、新たな熱意と勇気を奮い起こしたい」と式辞を述べました。
また、久保薫学園長が「関係各位のあたたかなご支援、教職員の熱意あふれる教育、卒業生の活躍、在学生の学びと地域活動のおかげで70周年を迎えることができました」と感謝を述べ、映像でこれまでの歩みを振り返りました。

その後、青森中央文化専門学校・青森中央経理専門学校校友会会長の佐々木信一さん、青森中央短期大学同窓会会長工藤文子さん、青森中央学院大学学友会会長玉木里奈さんのお祝いのことばが続き、学園創立70周年をお祝いしました。

午後に開催された記念講演「日本・ベトナム経済シンポジウムin青森~国境を越えたビジネス創造・人材育成~」には、約300名の方々が出席しました。
基調講演として、ベトナム国立貿易大学副学長レー・ティー・トゥ・トゥーイ博士に「国際市場参入とグローバル化に応える人材育成:ベトナムの大学のチャレンジ」と題して、ベトナムの現在の経済状況とそれを支える、大学教育の現状について報告していただきました。

その後、「青森県とベトナムとの人材交流」と題して、青森県をベースにベトナムに進出している企業のオカムラ食品工業 岡村恒一社長、東光通商 沖崎金光社長と本学 内山清教授による、国際進出している企業の人材育成、日本人学生に対する海外インターンシップの提案等、様々な角度でパネルディスカッションを行いました。

講演会終了後には会場をアップルパレス青森に移し、記念祝賀会が盛大に開催されました。

ご来賓の方々より祝辞をいただいた後、鏡開き、乾杯が行われ、出席者が和やかに懇談しました。
この日の式典等を通じて、学校法人青森田中学園70年の歩みを再認識するとともに、今後の発展に向け結束を強めるよい機会となりました。

前のページに戻る