TOPICS

【特別講演】青森中央学院大学開学20周年記念 国際歴史シンポジウム 「グローバル化の中の東北と近代移行期の「音」文化」(7/21・22)開催のお知らせ

青森中央学院大学は今年度、開学20周年を迎えます。
記念事業の一環として、米国ハーバード大学から世界的に著名なデビット・ハウエル教授をお迎えしてシンポジウムを開催いたします。皆さまのご参加をお待ちしております。

【第1日目】 国際歴史シンポジウム(入場無料・申し込み制)

日時 平成30年7月21日(土)14:00~16:00
会場 青森中央学院大学 学術交流会館2階
基調講演 「津軽海峡から世界へ」 デビット・ハウエル氏(米国ハーバード大学教授)
※講演は日本語で行われます。
特別演奏 近世東北の雅楽(「古琴(きん)」による『流氷』『伊勢海』演奏)
武内恵美子氏(京都市立芸術大学准教授)

東北は、戊辰戦争の敗北により、さまざまな劣位に置かれました。東北のグローバル化は、その戊辰戦争をめぐる世相の中で行われており、人々が海外に目を向けた背景にこうした社会事情を抜いて考えることはできません。本シンポジウムでは、国内外の研究者の視点から、東北とグローバル化を見ていきます。

第一日目に特別講演してくださる講師のハウエル教授は、『ハーバード日本史教室 (中公新書ラクレ)』(佐藤智恵著、中央公論新社、2017年)でも紹介されているとおり、海外における日本史研究の第一人者で、近世から近代にかけた日本社会史を中心として研究されておられます。特に北海道開拓プロセスの中にあった民衆の姿に注目し、人々がどのように生きたか、ニシン漁を生活の基盤とした人たちの研究を通して大きな成果を上げてこられました(デビット・ハウエル著 河西英通・河西冨美子共訳『ニシンの近代史』岩田書院、2007)。本講演では、「津軽海峡から世界へ」というテーマで、グローバル化の中にある津軽海峡についてお話しいただきます。

またハウエル教授のご講演に続き、京都市立芸術大学の武内恵美子先生に特別演奏をしていただきます。武内先生は近世江戸時代の雅楽と武士階級を中心とした研究を進めておられます。今回のシンポジウムでは、古くは孔子も奏でたとされる古琴(七絃琴)を使い、旧弘前藩や旧会津藩にゆかりのある曲を実際の演奏で聴かせていただきます。日常、めったに耳にすることができない楽器である古琴の音をお楽しみください。

上記の通り、初日はハウエル先生のご講演と武内先生の特別演奏が行われます。

どうぞみなさま、お誘い合わせの上、ご来場ください。なお、お初日は席に限りがございますので、どうぞお早めにお申し込みください。(先着250名)

申込・問い合わせ先は下記の通りです。

【 問い合わせ先 】
青森中央学院大学 研究支援・地域連携課
TEL:017-728-0131(代)
E-mail kenkyushien@aomoricgu.ac.jp
○申込フォーム

主催 青森中央学院大学
共催 国立歴史民俗博物館
後援 東奥日報社、青森県(環境生活部県民生活文化課県史編さんグループ)

【第2日目】 研究報告と討論「近代移行期の「音」文化」(聴講自由)

日時 平成30年7月22日(日)10:00~15:30
会場 青森中央学院大学 2号館

二日目は「音・音楽文化」にフォーカスし、近代移行期の東北においてどのような音文化や音楽の現象が生じたのか、当時の人々の豊かな生活像と文化のありようを明らかにしていきます。ここでは、日本学術振興会の助成(基盤研究(B)15H03232)を得てこれまで4年間に渡り研究を進めて来た3本の研究成果を報告いたします。

最後に、前日のハウエル先生のご講演に続き、近代東北史研究の第一人者である河西英通先生、近世史の浪川健治先生、民俗学の古家信平先生にディスカッサントとしてそれぞれ、近代、近世、民俗からみたグローバル化についてご報告をいただき、コメンテーターとして谷本晃久先生、木村直也先生に参加いただいて、東北とグローバル化と文化の問題について総合討論を行います。

【 問い合わせ先 】
青森中央学院大学 研究支援・地域連携課
TEL:017-728-0131(代)
E-mail kenkyushien@aomoricgu.ac.jp
○申込フォーム

本シンポジウムは、日本学術振興会科学研究費助成事業(科研費)基盤研究(B)15H03232「近代移行期における「音」と「音楽」─グローバル化する地域文化の連続と変容─」(研究代表者:北原かな子 青森中央学院大学看護学部教授)の研究成果公開として行われます。

前のページに戻る