お知らせ

【看護学部:北原かな子研究室】公開講座「日本におけるハリストス正教の聖歌・その歴史と現在」(8/7)開催

リストス正教は、プロテスタント・カトリックと共に日本に伝わったキリスト教の一派で、明治前期では最も信者数を獲得した宗教です。

明治初期に仙台藩士を中心として広がりましたが、青森県の場合、八戸、七戸、三戸などで勢力が広がり、自由民権運動にも大きな影響力を持ちました。
そのハリストス正教の重要なパートである音楽がどのように日本で受け入れられたか、実際の音楽を聞きながら、ナタリヤ・クロヴコヴァ氏にお話ししていただきます。
多数のご来場をお待ちしております。

講師:モスクワ音楽院首席研究員 ナタリヤ・クロヴコヴァ氏
日時:平成29年8月7日(月) 14:00~15:30
会場:青森中央学院大学 2号館2階221講義室

※参加無料
※講演は日本語で行います。

【申込・問い合わせ先】
青森中央学院大学 研究支援課
TEL:017-728-0131
FAX:017-738-8333
E-mail:koukaikouza@aomoricgu.ac.jp
【 公開講座申込フォーム 】

前のページに戻る